専属運転手を雇う1日の料金は?月いくら?|メリット・デメリットも解説

専属運転手を雇うメリット・デメリット

専属運転手を雇う場合、1日9時間以内の利用で2〜4万円程度が相場です。

また運転手を長期で雇う場合、月あたり40〜60万円程度かかります。

専属運転手を雇うメリットは、快適な移動空間が手に入り、仕事に集中できることです。

その理由は、脳のエネルギーを節約できるから。

専属運転手を雇うメリット

一方でコストが発生する、直接雇用できないなどのデメリットもあります。

専属運転手を雇うデメリット

この記事では、

これらの内容について解説していきます。

  • 車の運転を自分で行っている社長・役員の方
  • 仕事に集中したいと考えている方
  • 専属運転手を雇うメリットが知りたい方

役員運転手を派遣したい方は、ぜひ最後までご覧ください。

目次

専属運転手とは

専属運転手とは

専属運転手とは、お客様を目的地まで送迎する「職業運転手」のことです。

お抱え運転手とも呼ばれたりします。

  • 企業の社長・役員
  • 政治家
  • 芸能人

このような方が移動する際に、車の運転を任せるために雇っています。

専属運転手の役目は、お客様を快適に目的地まで送り届けること。

必要な資格は普通自動車第一種運転免許のみですが、

  • 安全で快適な空間を届けるための運転技術
  • 道路の状況に合わせた判断能力
  • 徹底した守秘義務
  • 失礼のないビジネスマナー
  • コミュニケーション能力

これらのスキルが求められる仕事です。

運転手を1日だけ雇う際の料金は?

専属運転手を1日だけ雇う際には「スポット契約」を利用します。

  • 依頼先の会社
  • 車の車種、グレード
  • 利用時間の長さ

これらによって料金は変動し、大まかには9時間以内の利用で2〜4万円程度が必要です。

しかし、

  • 1日9時間以内の利用で◯円と決まっている会社
  • 2時間までは○円、4時間までは○円と細かく刻んでいる会社

など、料金体系は会社によってさまざまです。

短時間の利用を検討している人は、利用時間を細かく設定している会社を選ぶと、無駄な料金を支払わなくて済むでしょう。

運転手を雇う費用は月いくら?

専属運転手を利用する際の費用は、会社によってさまざま

専属運転手を派遣している会社の公式サイトを見ると、大まかな料金体系がわかります。

ドライバーを雇う際の大まかな費用は、以下のとおりです。

  • スポット契約|2〜4万円程度 / 9時間以内
  • 月極契約|40〜60万円程度 / 1ヶ月あたり

なかには、料金を公開していない会社も存在します。

また車両サイズや車のクレードによっても料金は変動するので、利用の際には一度問い合わせをしてください。

見積もりや相談は無料で行える会社も多いです。

専属運転手を雇うメリット

専属運転手を雇うメリット

専属運転手を雇うメリットは、以下の5つです。

それぞれの内容について、1つずつ解説していきます。

経費削減、労務管理業務の軽減が可能

専属運転手を雇うことで、経費の削減、労務管理業務の軽減につながります。

  • 採用コスト
  • 教育コスト
  • 給料
  • 社会保険料の計算
  • 健康診断

自社で専属運転手を雇う場合には、これらの費用や業務が発生します。

また採用後には、教育するための時間が必要です。

一方で専属運転手を外部委託で雇った場合には、これらは一切必要ありません。

必要なのは、委託先に支払う料金のみ。

トータルで見るとコストも少なく済み、労務管理業務に関わる手間時間が節約できます。

また採用後の教育も不要なので、契約したその日から一流のドライバーに運転を依頼することが可能です。

移動時間を有効に使える

自ら運転している場合、移動時間に仕事をすることは不可能でしょう。

しかし専属運転手を雇うことで、移動に使っていた時間を仕事の時間に充てられるようになります。

専属運転手は、徹底した教育を受けているプロのドライバー

  • 快適で安全に移動できる
  • 時間に合わせて送迎してくれる
  • 情報漏洩に関しても心配なし

車内でも仕事環境は快適です。

専属運転手は守秘義務コンプライアンスに関する教育もしっかりと受けています。

プライバシーや情報が重要なお客様だからこそ、専属運転手のメリットを享受できることでしょう。

重要な判断にエネルギーを注げる

車を運転する際には、脳のエネルギーをたくさん使います。

  • 周りの車や人の状況を見て判断する
  • 約束の時間に遅れないよう意識する
  • 道路の混雑状況に合わせて道を変更する

これでは、仕事上での重要な判断をする際に、十分なエネルギーを注げない可能性があります。

一方で専属運転手を雇った場合、運転に関する上記の判断は一切不要

脳のエネルギーを節約できます。

仕事に集中でき、重要な判断をするときには最大限のエネルギーを使えることでしょう。

万一の事故の際でも対応不要

万が一事故を起こしてしまった際には、事故対応はドライバーと派遣会社が行います

お客様が事故対応をすることはありません。

また予想外の渋滞トラブルなど、さまざまな状況に対応できるよう、専属運転手は教育を受けています。

どんな時でも快適に、目的地までの送迎を行うのが専属運転手の役目です。

車のメンテナンスも頼める

専属運転手には、運転業務以外にも頼めることがあります。

  • ガソリンの補給
  • 車内外の清掃・点検
  • 車検・定期点検の際の回送 など

車まわりのケアは専属運転手にお任せください

車検や点検の際には、お得意様のディーラーまで回送します。

また、ちょっとした買い物を依頼することも可能です。

専属運転手を雇うと、車のメンテナンスに関して意識を向ける必要はありません。

仕事に集中できる環境が手に入ります。

専属運転手を雇うデメリット

専属運転手を雇うデメリット

専属運転手を雇うデメリットには、以下の3つがあります。

それぞれの内容について、1つずつみていきましょう。

費用がかかる

専属運転手を雇う際には、費用が必要です。

料金は派遣会社やプランによってさまざまですが、多くの会社では2つのプランが用意されています。

  • スポット契約|1日数時間から
  • 月極契約|1ヶ月単位

1ヶ月あたりの利用頻度を考え、どちらのプランにするのか検討しましょう。

利用状況によっては割高になる場合がある

1ヶ月のあいだにスポット利用をたくさん利用すると、月極契約よりも割高になる可能性があります。

  • 1回あたりの利用時間
  • 1ヶ月あたりの利用頻度
  • 利用する時間帯

これらを総合的に判断し、契約プランを検討しましょう。

また利用料金は、車種利用時間などによって異なる場合があります。

料金の詳細は、派遣会社に問い合わせてみるのが最も確実でおすすめです。

直接採用・教育ができない

専属運転手は、外部委託のドライバーです。

自社のドライバーではないため、直接採用したり教育したりすることはできません。

そのため専属運転手を雇う際には、しっかりとした教育が行われており、信頼できる会社を選ぶようにしましょう。

専属運転手に関するよくある質問

専属運転手に関するよくある質問を集めました。

専属運転手の給料・年収はどのくらい?
専属運転手を雇うのは金持ちだけ?
個人契約はできる?
車は雇う側が用意するの?
お抱え運転手との違いは?

それぞれの質問に、1つずつ回答していきます。

専属運転手の給料・年収はどのくらい?

専属運転手の給料・年収は、雇用先の会社によって異なります

各社ホームページの求人情報や求人サイトを見たところ、専属運転手の大まかな給料年収は以下のとおりです。

  • 給料|25万円〜50万円程度
  • 年収|300万円〜600万円程度

これに加えて、残業手当時間外勤務手当が入る会社もあります。

雇用先の会社規模によっても、給料・年収の額は大きく異なるでしょう。

専属運転手として働きたいと思っている人は、公式サイトを見たり直接問い合わせたりしてみるのがおすすめです。

また雇用形態は正社員だけではなく、業務委託契約を行なっている会社もあります。

専属運転手を雇うのは金持ちだけ?

お金持ちではない人も、専属運転手の利用が可能です。

月極契約であれば月額40万円程度〜必要ですが、スポット契約であれば、4時間以内の利用で1万円程度〜利用できる会社もあります。

  • 空港までの送迎
  • 通院
  • 冠婚葬祭

このような場合にも、専属運転手は利用可能です。

個人契約はできる?

はい、個人の方でも契約可能です。

個人のお客様からも、多くの依頼を受けています。

車は雇う側が用意するの?

はい、車両はお客様ご自身でご用意ください

専属運転手は、お客様がご用意された車両の運転を行います。

お抱え運転手との違いは?

専属運転手とお抱え運転手は、同じ意味です。

呼び方は異なりますが、どちらもお客様の車両を運転し、目的地まで安全・快適に送迎を行う職業運転手です。

専属運転手を雇うなら『フィールドサービス』

フィールドサービス

専属運転手を雇うと、以下のようなメリットがあります。

  • 経費削減・労務管理業務の軽減
  • 移動時間が快適な仕事空間になる
  • 仕事での重要な判断に集中できる

一方で、利用の仕方によっては割高になる可能性も。

専属運転手を利用する際には、利用頻度に応じた契約形態を選ぶことが大切です。

フィールドサービス株式会社では、お客様の安全と快適な空間を守るコンシェルジュとして、以下の3つを約束します。

・優秀な人材を派遣、労務管理業務の軽減
・コンプライアンスの徹底
・迅速な事故対応

弊社では、守秘義務やビジネスマナーなどに関して徹底した教育を行っています。

お客様のご利用シーンに合わせて、優秀なドライバーが最高級のおもてなしを提供します

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次