お抱え運転手とは?仕事内容や雇うメリット・デメリットを解説

お抱え運転手とは

お抱え運転手とは、特定のお客様や企業の専属者として運転を行う職業運転手のことです。

安全と快適な空間を届けるため、高い運転技術や細やかな配慮、守秘義務の徹底などさまざまな能力が求められます。

多くの人が必要としているサービスですが、人気のあまり需要に供給が追いついていません。

厚生労働省が公開している『統計からみる運転者の仕事』によると、令和3年度ハイヤー・タクシー運転者の有効求人倍率は3.32となっており、深刻な人手不足が起こっていることがわかります。

この記事では、

がわかります。

  • 経費を削減したい方
  • 移動時間を有効活用したい方
  • 事故時の対応に手間をかけたくない方

役員運転手を派遣したい方は、ぜひ最後までご覧ください。

目次

お抱え運転手とは

お抱え運転手

お抱え運転手とは、特定のお客様や企業の専属者として運転を行う職業運転手のことです。

専属運転手とも呼ばれたりします。

  • 社長・役員
  • 芸能人
  • 政治家

このような方がお抱え運転手を雇っており、役員運転手と呼ばれることもあります。

主な仕事内容は、お客様のスケジュールに合わせて、目的地まで安全に送り届けること。

普通自動車第一種運転免許があれば、お抱え運転手の仕事に就くことができます。

しかし、一流のお抱え運転手になるためには

  • 快適で安全な空間を届けるための運転技術
  • 時間に遅れないための臨機応変な対応力
  • ビジネスマナー
  • 徹底した守秘義務
  • コミュニケーション能力 など

さまざまなスキルが求められます。

お抱え運転手を雇うメリット

お抱え運転手を雇うメリット

お客様がお抱え運転手を雇うメリットには、以下の5つがあります。

それぞれの内容について、1つずつ解説していきます。

経費を削減できる

自社で専属運転手を雇う場合、

  • 採用コスト
  • 教育コスト
  • 給与

これらの経費が必要です。

また、採用後には教育の時間も必要となり、即戦力とはなりません。

一方でお抱え運転手を雇う場合には、上記のコストは一切不要です。

依頼に応じた料金を支払うだけなので、結果として経費削減にもつながります。

ドライバーとしての徹底した教育も派遣会社が行っているため、初日から一流のドライバーに運転を依頼できます

仕事での重要な判断に集中できる

お抱え運転手と雇うことで無駄な判断回数を減らせ、仕事での重要な判断に集中できます。

車を運転するためには、さまざまな判断をしなければいけません。

  • 周りの車や歩行者などの状況を把握する
  • 状況に応じて目的地までの最短ルートを考える
  • 約束の時間を厳守する など

お抱え運転手を雇うことで、これらの判断をする必要がなくなり、脳のエネルギーを節約できます。

そして、仕事での重要な判断を行う際に最大限のエネルギーを使えるようになるでしょう。

またお抱え運転手を雇えば、移動時間に仕事を行うことも可能です。

移動時間を有効活用できる点も、お抱え運転手を雇うメリットといえます。

プライバシーが守られる

お抱え運転手を利用するお客様にとって最も大切なのは、プライバシー情報

万が一、情報漏洩が起こった場合には大きな損害につながってしまいます。

お抱え運転手は守秘義務に関する教育を受けており、コンプライアンスも徹底しています。

そのためプライバシーが侵害されたり、情報が漏洩したりすることは絶対にありません

移動中でも安心して仕事に取り組めます。

万一の事故の際にも手間がかからない

決してあってはならないことですが、万が一事故を起こした場合にはドライバーと派遣会社が対応します。

最後まで責任を持って対応するため、お客様が事故対応をすることはありません。

また予想していない渋滞や思いがけないトラブルなど、お抱え運転手は状況に応じた的確な状況判断を行います。

どのような状況下でもお客様の快適な空間を守り、スマートな移動時間の提供を約束します。

運転業務以外も頼める

お抱え運転手には、運転業務以外も頼めます。

  • ガソリンの補給
  • 車両の管理、点検
  • お買い物 など

ドライバーに無理のない範囲の作業であれば、合わせて依頼できます。

定期点検の際には、お得意様のディーラーまで車両を回送することも可能です。

ガソリンの補給や車内外の清掃、車検など、車の管理に対してお客様が判断エネルギーを使うことはありません

お抱え運転手を雇うデメリット

お抱え運転手を雇うデメリット

お抱え運転手を雇うデメリットには、以下のような内容が挙げられます。

それぞれの内容について解説します。

コストが発生する

お抱え運転手を雇う際には、コストが発生します。

会社によって詳細は異なりますが、お抱え運転手を雇う際の主なプランは以下の2つです。

  • 月極契約|1ヶ月単位
  • スポット契約|1日数時間から

利用を予定している時間や回数によって、どちらのプランにするかを検討するとよいでしょう。

場合によっては割高になる可能性がある

スポット契約を頻繁に利用すると、月極契約よりも割高になる可能性があります。

  • 1回あたりの利用時間
  • 1ヶ月あたりの利用頻度
  • 利用する時間帯

これらを踏まえたうえで、契約形態を検討しましょう。

また場合によっては別途料金が必要なこともあるので、詳しい料金については問い合わせするのがおすすめです。

直接採用できない

外部委託でお抱え運転手を雇う場合、直接採用ができません。

またドライバーに教育を行うことも不可能です。

お抱え運転手を雇う際には、しっかりとした研修体制を整えており、信頼できる会社を選ぶことが重要です。

お抱え運転手の仕事内容

お抱え運転手の仕事内容

お抱え運転手の仕事内容は、主に以下のとおりです。

  • 車の点検、清掃を行う
  • お客様のスケジュールを確認する
  • お客様の自宅まで迎えにいく
  • 目的地までの運転を行う
  • 勤務先から自宅までの送迎を行う
  • 日報を作成する

目的地までの送迎が主な仕事ですが、お客様が気持ちよく過ごせるよう、車の点検や清掃も大切な仕事の1つです。

また送迎時には時間に遅れないよう、交通情報を確認したり臨機応変な対応力も求められます

お抱え運転手の仕事は、ただ運転するだけではありません。

安全な運転技術と細やかな心配りのもと、快適な空間を届けるのがお抱え運転手の仕事です。

お抱え運転手の年収や給料はどのくらい?

お抱え運転手の年収や給料は、雇用先の会社によってまちまちです。

しかし、求人サイトやお抱え運転手派遣会社の公式サイトを見てみると、大まかな相場感を掴めます。

お抱え運転手の大まかな年収給料は以下のとおり。

  • 年収|300万円〜600万円程度
  • 給料|25万円〜50万円程度

これに加えて、残業手当や時間外勤務手当も入ります。

各手当の金額や雇用先の会社規模によっても、年収・給料の額は大きく異なるでしょう。

また雇用形態は正社員だけではなく、業務委託契約を行なっている会社も多いです。

お抱え運転手を雇うなら『フィールドサービス』

フィールドサービス

お抱え運転手は、お客様を自宅から目的地まで送迎する仕事です。

しかし、ただ運転を行うだけではありません。

  • 高い運転技術
  • 交通状況に応じた臨機応変な対応力
  • 細やかな配慮
  • ビジネスマナー
  • 守秘義務の徹底 など

これらのスキルが求められ、快適な空間を届けることが最も大切な仕事です。

フィールドサービス株式会社では、安全と快適な空間を守るコンシェルジュとして、以下の3つを約束します。

・優秀な人材を派遣
・コンプライアンスの徹底
・迅速な事故対応

弊社では運転技術に関する教育はもちろんのこと、ビジネスマナーや守秘義務の教育を徹底しています。

お客様のビジネスシーンに合わせた最適なドライバーを派遣し、最高級のおもてなしをお届けします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次